診療案内

口腔外科・マウスピース

口腔外科は、主に抜歯や顎関節症、マウスピースの治療を行います。
顎の関節のつくりをみると、その動きは上下の歯の接触関係に大きく関係しています。

その動きが異常であれば顎関節症を引き起こすので、マウスピースにより適正な動きにすることで顎関節症を改善することが出来ます。
親知らずの抜歯は専門医とも連携しておりますので、適切な診断を行ったうえで必要であれば紹介もさせて頂きます。

親知らずについて

歯の並びの中で最も奥にあり、中心から8番目にあたる歯が親知らずです。しかし日本人は顎の骨が小さく、すべての歯が生えそろうスペースが確保できない場合が多くあります。

生えるスペースが無ければ歯の萌出は途中で止まり、横向きのまま歯肉の中にとどまっていることがあるのです。正常に生えてこない親知らずは清掃が困難なため、隣の歯が虫歯になったり歯肉が炎症を起こして腫れたりする大きな原因になります。

かたおか歯科クリニックでは、親知らずの状態をしっかりと診断した上で、必要な場合には親知らずの抜歯を行っております。
神経が近く困難な抜歯については専門医を紹介させて頂いております。

顎関節症

顎関節症では、「顎が痛い」、「顎の関節から音がする」、「口が開かない」、「口の開閉時に痛い」などのさまざまな症状が現れます。 顎関節症は、顎の筋肉痛のような軽い症状のものから顎の骨の変形まで、いくつかのタイプに分類されます。

上下の歯の噛み合わせや、歯ぎしり・食いしばりといった異常習癖が原因となることが多いため 、かたおか歯科クリニックでは噛み合わせも診断した上で治療を行います。

マウスピース治療

異常な噛み合わせによる異常な顎な動きや、過大な筋力の働く歯ぎしりや食いしばりが顎関節症を引き起こしている場合には、マウスピースを用いた治療を行います。 マウスピースは個々の口腔内に合わせて作る、厚さ1ミリ程度の固い樹脂の装置です。

マウスピースを装着して、顎の関節・筋肉や歯を支える骨に負担の少ない動きに変えることで、症状を軽減させます。
異常な力は歯周病や虫歯を促進することもあるため、顎関節症を発症していなくても装着をお勧めすることがあります。

当院では保険適応でマウスピースを作製していますので、お気軽にご相談ください。