診療案内

インプラント

歯を失ってしまった部分を補うための治療法の一つです。

清掃の際に取り外しが必要な入れ歯や、隣の歯を削る必要のあるブリッジが一般的でしたが、 健康な歯に対する侵襲が避けられないのが現実でした。
インプラントとはチタンでできた人工歯根(インプラント体)を歯のなくなった部分の骨に埋め込み、無くなった歯の根の代わりとして使います。
その上に差し歯の要領で歯を作ってゆきます。
隣の歯にほとんど影響を与えることなく、失ってしまった歯の機能を取り戻すことができます。

ブリッジと入れ歯とインプラントの比較

インプラント

インプラント
メリット
・違和感がほとんどない。
・ほかの天然の歯を削らず、負担もかけない。
・固定性のため、しっかり噛むことが出来る。
デメリット
・保険適用できないため、費用がかかる。
・外科処置をともなうため、重度の糖尿病などの全身疾患をおもちの方には適応できない。
・治療期間が比較的長い。

義歯(入れ歯)

義歯(入れ歯)
メリット
・治療期間が比較的短い。
・保険適用できる。
(但し、金属床などは自費治療)
・歯を少ししか削らない。
デメリット
・異物感を感じやすい。
・取り外し式で、天然の歯と同じようには噛めない。
・バネのかかる歯に負担がかかる。
・審美的に問題がある。

ブリッジ

ブリッジ
メリット
・異物感がほとんどない。
・保険適用できる。
(但しセラミックなど白い歯にする場合は自費治療)
・固定性のためしっかり噛める。
デメリット
・土台となる天然の歯を、比較的多く切削る。
・土台となる歯に過剰な負担がかかる。

インプラントの治療の流れ

1. 診査診断、治療計画
インプラント治療を行うにあたり、必要な診査・資料採得を行い、治療が可能か診断します。
その診断結果に基づいて治療計画を立てます。
2. 一次手術
チタン製の人工歯根(インプラント体)を歯が失われた部分の骨に埋入します。
3. 治癒期間
骨とフィクスチャーがしっかりと結合されるまで約3~6ヶ月待ちます。
(治癒期間は骨の質や術式によって異なります。)
4. 二次手術
上部構造(かぶせもの)を作成するための土台をインプラント体に連結します。
この際、骨とインプラント体が結合されているかX線写真で確認します。
5. 人工歯装着
土台の上に人工歯を装着します。
6. メンテナンス
インプラントは虫歯にはなりませんが自分の歯と同様に歯周病にはなります。
そのため治療終了後、インプラントにはメンテナンス、定期検診が不可欠です。