診療案内

入れ歯治療

「話している時に落ちてくる」
「痛くて噛めない」
「見た目が良くない」

入れ歯については、様々な悩みを抱えている方がたくさんいらっしゃると思います。
かたおか歯科クリニックでは、患者さんお一人お一人のお口に合った入れ歯を作製できるように、細かな問診から始め型取りや試適の際にもしっかりとコミュニケーションを取りながら完成まで進めていきます。
また、患者さんが入れ歯を使っていただいた時に、お悩みが解消されることが重要ですので、精度の高さにこだわりをもち入れ歯を作製しています。
お気軽にご相談ください。

総入れ歯

無歯顎(歯が一本もない状態)の患者さんの場合、咀嚼面、発音面、審美面という部分でお困りの方が多いと思います。

保険と自費の総入れ歯の違い

保険適用の入れ歯

保険では使用できる材料が限られています。
基本的には全てプラスチックになるため、強度上の問題で厚みが必要になり、口の中での熱が伝わりにくい、話しにくい、違和感があるといった事につながります。
噛むときの力は全て歯ぐきの粘膜で負担します。

自費の総入れ歯

自由診療になるので、材料やデザインは様々なものから最適なものを選ぶことができます。
素材によって異なりますが、審美的にも優れ、自然に近い装着間や快適感を得ることができます。
また保険診療ではないので、インプラントと組み合わせることでより小さいながらも安定した入れ歯を作ることも可能になります。

部分入れ歯

何らかの状況で、歯や歯を支える骨の一部分が失われている場合、その部分を補う方法の一つが部分入れ歯です。
歯ぐきの粘膜や残っている歯に支えてもらう事で、噛むという機能を回復します。
総入れ歯とは異なり残っている歯に金具をかける設計になります。

保険と自費の部分入れ歯の違い

保険適用の入れ歯

保険では使用できる材料が限られています。
基本的には歯にかける金具とプラスチックになるため、強度上の問題で厚みが必要になり、口の中での熱が伝わりにくい、話しにくい、違和感があるといった事につながります。
金具が見える位置に設定される場合があります。

自費の入れ歯

自由診療になるので、材料やデザインは様々なものから最適なものを選ぶことができます。
素材によって異なりますが、審美的にも優れ、自然に近い装着間や快適感を得ることができます。
また保険診療ではないので、インプラントと組み合わせることでより小さいながらも安定した入れ歯を作ることも可能になります。
金具も見えにくい位置に設定することも可能になります。

ブリッジと入れ歯とインプラントの比較

インプラント

インプラント
メリット
・違和感がほとんどない。
・ほかの天然の歯を削らず、負担もかけない。
・固定性のため、しっかり噛むことが出来る。
デメリット
・保険適用できないため、費用がかかる。
・外科処置をともなうため、重度の糖尿病などの全身疾患をおもちの方には適応できない。
・治療期間が比較的長い。

義歯(入れ歯)

義歯(入れ歯)
メリット
・治療期間が比較的短い。
・保険適用できる。
(但し、金属床などは自費治療)
・歯を少ししか削らない。
デメリット
・異物感を感じやすい。
・取り外し式で、天然の歯と同じようには噛めない。
・バネのかかる歯に負担がかかる。
・審美的に問題がある。

ブリッジ

ブリッジ
メリット
・異物感がほとんどない。
・保険適用できる。
(但しセラミックなど白い歯にする場合は自費治療)
・固定性のためしっかり噛める。
デメリット
・土台となる天然の歯を、比較的多く切削る。
・土台となる歯に過剰な負担がかかる。